スポンサーサイト

  • 2019.08.03 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    イタリアまでの道〜どきどきエアロフロート編〜

    • 2019.02.05 Tuesday
    • 10:40

    12:30から乗り込みのところ、12:00にはゲート前到着!

    イタリアのガイドブック見て時間潰す。

     

    しかし乗り込み開始したのは15分遅れの12:45。

    まあこれくらいなら許容範囲( ˘ω˘ )

     

    パリ行きの人たちが多い飛行機だったみたい。乗り込みの瞬間好き。

     

    窓際の席で眺め良し。

     

     

    機内は普通に綺麗。匂いが気になるとかシートが硬いとか事前調査では悪い口コミが目立ったけど、「そんな?」って感じ。

     

    機内での映画も「ロシア語と英語しかなくてつまらなかった」っていう書き込みあったけど、普通に日本語吹き替えもありました。

    私は日本語吹き替えで『レミーのおいしいレストラン』観ました。パリ行きの便だからあったのかな??

     

     

    1回目機内食はこちら!!

    ビーフヌードル&寿司&ハニーベリーケーキ!

    ビーフオアチキンで、チキンを選ぶとチキンライスとパンナコッタの様でした。

    ヌードルがちょい硬めで、ビーフが濃い味でしんどかったけど、ケーキがすごく美味しかった。

    ハニーの甘みとベリーソースの酸味が良き。

    おしぼりもレモンみたいな香りで素敵でした。

    こういうメニューの時、パン食べるタイミング迷いません?

     

     

    2回目機内食はこちら!

    チキンパスタ!

    シーフードオアチキンで、シーフードを頼むとシーフードパスタの様でした。

    1回目の機内食の時に他の人が食べてたチキンライスが美味しそうだったので、チキンをチョイス。

    アタリでもなければハズレでもないって感じの味でした。2食とも麺でちょっとテンション下がり。

    でもチョコついてるのが嬉しい。

    それにしても、機内食しょっぱすぎる。

     

     

    エアロフロートだからってビクビクしてたけど、機内は快適でした!

    太陽が沈む方向に飛んでいるから、太陽の位置は動かず、夕焼けが何時間も何時間も見られてすごくリッチな気分。

    眼下に広がるふわふわの雲の海のひときわ真っ白な部分に、火種を落としたみたいなあったかーい光が

    ぼんやり燃えてて、雲海の水平線が綺麗な虹色のグラデーションになってる。

    そんな景色が何時間もどこまでも続いてる。

    あぁ天国があるとしたらこんなところなんだろうなー

    なんて、頭の中でジェットストリームの曲流しながらうっとりしてました。

     

     

    そんなこんなで約10時間半のフライトを終え、日本時間で23:30、モスクワ時間で17:30、空港到着!予定通り!

    さて、シェレメーチエボ空港はどんなもんなのか?!無事にトランジットできるのか?!

    不安はまだまだ続く!!

     

    イタリアまでの道◆船侫薀ぅ帆阿亮蠱気蟒猗編〜

    • 2019.02.05 Tuesday
    • 10:39

    JUGEMテーマ:イタリア

    JUGEMテーマ:海外一人旅

    JUGEMテーマ:飛行機

     

    成田行きのシャトルの中は快適〜。

    私みたいにこれから旅行行くぞってワクワクしてる人から、

    日本観光終えて心地よさそうな疲労感と余韻に浸ってる外国の人まで、いろいろ。

    なんだか不思議な感じ。

     

    バスに揺られることおよそ90分、成田空港到着!!

    予定通り8:50着。フライトは13時だから超余裕〜〜

     

    事前に調べておいた一番レートが良いらしい両替所、GPAへ直行!

    空港が経営してるということで、なんか安心な感じするしね。

    (確か第一ターミナルの4階)

     

    現地のホテルや列車のチケットは先払いしていたものの、

    いくらくらい現金を持っていれば良いのか、どのくらい現地でカード払いができるのかが全くわからず、

    多いと思いつつも「お守りのつもりで現金手持ち3万円分は換金しておこう!」という結論に。

    (いま振り返ると、確かに気持ちに余裕はできたけど、やっぱり多かったな笑)

     

     

    初換金で手順もわからず、並びながらめちゃくちゃドキドキ・・・

    他の換金所のように紙を書かされることもなかったから、手ぶらで並んでいいのかとちょっと心配になる。

    いざ私の番。

    メガネで7:3分けでスーツをきちっと着こなした、いかにも「仕事できます」って感じの人が担当。(かっこいい)

    「ユーロに換金お願いします」って言ったら、優しく「イタリアですか?」って言われてびっくり。

    多いんだろうなーこの時期にイタリア行く人( ^皿^ )

    3万円でって言ったら「もう数百円(いくらか忘れた)出すとキリよく換金できますよ」って言われたからその通りにする。

    見とれちゃうくらい無駄のない動きでテキパキお金をさばく換金所の皆さん。

    こっちは何も言ってないのに、「使いやすいようにいろいろ混ぜておきますね」って言って

    235ユーロを5,10,20ユーロ札でくれる担当さん。

    50ユーロ札は使えるところ少ない(お釣り出せないって突っぱねられる)って聞いてたから、ホッとした!

    こっちからいろいろ言わなくても、ベストな対応をしてくれる良い換金所でした。

     

    他の換金所が1ユーロ129円台のところ、ここは128.96ユーロと128円代だったから、やっぱりレートは最良。

    新札いっぱい持って心が弾む私。

     

     

    出発前に姉から

    「なんらかのハプニングで日本で換金できない場合もあるかもしれないし、私の手持ちのユーロ換えてあげるよ」

    と50ユーロをもらっていたから、これで現金手持ち285ユーロに。(多いな)

     

     

    この時点での私のお金事情は、

     

    現地で使う用:235ユーロ (日本円で約3万円)

    日本で使う用:1000円

    お金足りなくなった時現地で換金する用:2万円

    姉に換えてもらった何かあった時用:50ユーロ(日本円で約6500円)

    クレジットカード:10万円(貯金全部)

     

    現地で使うユーロと足りなくなった時現地で換金する日本円は、

    手持ちのバックと、首からかけているパスポートケースと、バックパックの3つに少しずつ分散して持ちます。

    海外でもお金引き出せるカード持ってたらもう少し心に余裕もてるんだろうけどね・・・( ^^; )

     

     

     

     

    換金が終わったので、次はWi-Fiをゲットしに行きます。

    もともとはWi-Fi持っていかないつもりだったけれど、これもお守りのつもりで持つことに。

    なので最低限のプランを選びました。

    イモトのWi-Fiが周りからは評判良かったけど、あれは友達とか複数人で使うとお得な印象。

    お一人様の私は「フォートラベル GLOBAL Wi-Fi」の「イタリア3G」プランの

    10日間で3740円のやつを注文。

    事前に受け取っていたメールのQRを見せるだけですぐ受け取れるし、

    返却も空港出口のポストに返すだけだから楽々〜

    (とこの頃は思っていたが、実際はポストがなかなか見つからず困ることに)

     

    Wi-Fi完備のホテルしか予約してなかったし、Wi-Fiない環境でも使えるmapのアプリ持ってたし、

    別に必要ないかなーと思っていたけど、

    Wi-Fi弱いホテルあったり、出先でどうしてもsafari開かないといけない時とかもあったりで、

    やっぱり持っててよかったです。

     

    いろいろ前準備終わったので、次回、アエロフロートに乗ります!!!!!

     

    イタリアまでの道 租豕シャトル成田空港行き編〜

    • 2019.02.04 Monday
    • 00:00

    JUGEMテーマ:海外一人旅

    JUGEMテーマ:イタリア

     

    さーて、イタリアまでのスケジュールは?(サザエさん風)

     

    =====================

    2/4 24:00 京都駅発

          ↓       夜行バス

    2/5 6:30    東京駅鍛治橋着

          ↓       徒歩

      7:20   東京駅八重洲北口発

          ↓       シャトルバス

      8:50  成田着

     

         13:10 成田発

          ↓       飛行機

       17:35 モスクワ着

     

       20:50 モスクワ発

          ↓       飛行機

      22:40 ミラノ着

    =====================

    関空から直行便で行くことや新幹線使うこと、空港近くのホテルに泊まることも

    考えましたが、何せ貧乏旅行なので若さと体力に任せてこんなスケジュールにしてしまいました(^^;)

     

     

    2月4日。

    21時までのバイトを終えて急いで帰宅。

     

    お金持ってるように見られたくないから、

    捨てていいような使い古した服&バッグで変装します。

    まあ変装も何もお金持ってないんだけど笑

    小汚い駆け出しバックパッカー完成です。

    お風呂はいって最後の支度していざ、24時発の夜行バスへ!

     

    何度か夜行バスは使ったことあるけど、満席だったのは初めてだったからびっくり。

    この日のこの時間に同じ場所へ向かう人がこんなにいるんだなーとちょっと感動したり。

     

    前に座ってた人がもともと結構 座席倒してたのに、

    「倒して良いですかー?」って聞いてきて、

    「それ以上倒すの?!」って思ったけど断れるわけもなく・・・

    東京までの8時間ほど、前の人の背もたれが膝に当たる痛みと視覚的な圧に頑張って耐える・・・

     

    〇〇して良いですか?って割と脅迫に近い気がするんだけど、そう思うの私だけ?

    こういうのってとっさに聞かれてまず断れないし、了承しちゃってる分 後から言いづらいし・・・

     

    とかモヤモヤしたりベストな体勢探ったりしてたらいつのまにか寝ちゃって、

    鍛治橋に到着!!

    乗り換えまで少し時間があったから東京駅の古い方まで回ってみる

     

    この内装の天井の柔らかいレモン色が大好き

     

    サラリーマンの皆さん、今日も1日頑張ってください。

     

    現代的なビルに囲まれてる伝統ある建物、このミスマッチな感じがおしゃれ〜〜

     

     

    そういえば1年前の全く同じ日も、あいつらと一緒にここに来てたなーなんてしみじみ。

    大学変わっても、住む場所変わっても、連絡そんなに頻繁にとってなくても、

    こうやってたまに会って遊んでくれる友達に出会えてよかったなー

     

    そんなこんなでまた古い方の駅舎に別れを告げて、

    シャトルバス乗り場まで歩く。

     

    この看板が見えたら、そちらの道路へ渡ります。

     

    ファミマのあたり。緑のバスが止まっているところが乗り場。

     

    こんなに分かりやすいにも関わらず私は迷ってしまい、

    呉服橋の別のバスターミナルまで行っちゃいました・・・

    道教えてくれたバス誘導のおじちゃんありがとう・・・(TT)

     

    無事シャトルバスに乗り込み、成田空港へ!!

    △愨海!

    インドでインド映画を観る

    • 2018.03.21 Wednesday
    • 18:20

    JUGEMテーマ:インド

    JUGEMテーマ:映画

     

    前記事

    インドでインド映画を観る

    インドでインド映画を観る

     

     

     

    お客さんは半分くらい。

    若者ばっかりで、カップルより男女グループが多いかな?という印象。

     

    インドの地下鉄やバスのシートは日本のものとは結構違っていたので

    映画館はどうかな〜と思ったら、シート含め内装はほぼ日本の映画館と同じでした

     

     

    私たちの買った安い席は前の方の端(E-13,14)

     

     

    私 「割引だしそもそも一番安い席だからちょっと心配してたけど」

    姉 「結構良い席だねー」

    私 「日本の映画館とそんなに違いないねー」

    姉 「(席に座る)・・・!!!」

    私 「え、どした」

     

    姉 シートが・・・動く!!!!!(超笑顔)

    私 「まじか!!」

     

     

    姉の満面の笑みを受けて早速試す私。

    日本のバスとか新幹線みたいに背もたれが後ろに倒れるのかと思ったら

     

    リクライニングみたいに背もたれが傾くだけでなく!

    座ってる部分も前後にスライドする!!!!

     

    え、なにこれ楽しい・・・

    しかも動かすたび、ロボットが変形する時みたいに

    ガチャン シュッ ガチャン」っていうのかっこいい・・・

    しばらくガチャガチャ遊ぶ私。

    姉はいそいそと落ち着くポジションを決めて観賞モード突入。

     

    上映開始時間はとっくに過ぎているものの、スクリーンではCMが流れるばかり。

    日本みたいに上映中のマナーや公開予定作品などの紹介は無く、

    テレビで流れていそうなCM(おそらくスポンサー)ばかりで、

    しかも同じ内容のCMをローテーション(?)で流すっていうのもテレビっぽい。

     

    いくつかCMが流れた後(って言っても、開場してから5分くらい?)

    いよいよ本編へ!

     

     

     

    観た映画は こちら!

    『Sonu Ke Titu Ki Sweety』

     


     

    宿泊先でスタッフさんに

    「なんでもいいから映画観たいんだけど今のオススメとかある?」と聞いて、

    「恋愛ものだし今すごいヒットしてるからこれ行っておいで」

     

    と言われて観に行っただけで、事前にストーリーもなにも知らない!

    そしてもちろん、インドの言葉(ヒンドゥーだと思う)字幕なし!

     

     

     

    2時間以上もそんな状態じゃ飽きるだろうか

    という不安もちょっぴりあったけど

     

     

    全くそんなことなかった!!!!

     

     

     

    たしかに、字幕もないしインドの言葉だしストーリーも知らないわけだから

    話の展開は全く分からない!笑

    (あと主役2人の男性、似過ぎ・・・ )

     

    でも、スクリーンの中で美男美女が動いて話して踊っているのを観ているだけで、

    充分すぎるほど楽しめるっていうね!!不思議!!!!

     

     

     

    でもやっぱり言葉がわからないと、

     

    (インターバル直前のシーン)

    女優  「◯▼☆@:$#!!!!(なんかすごいこと言ってるっぽい)」

    効果音 「ジャンジャン!!!(めっちゃきまってる)」

     

    観客  「フー!!!!(叫ぶ)」

    観客  「しびれるぅぅ!!!(みたいなこと言ってる)」

    観客  「彼女、ついに言ったぞ!!!(みたいなこと言ってる)」

    観客  「(拍手)」

     

    私たち 「うっっっわなんて言ったのか気になる〜〜〜!!!」

     

     

    みたいな場面は多々ありました笑

     

     

    後から見たこちらの最高に素晴らしいブログ様のおかげで、

    本性を現したヒロインが相手を挑発しているシーンだということが発覚

    このブログ、他のページも本当に面白い・・・

    https://popoppoo.exblog.jp/29660346/

    (ネタバレ注意)

     

     

     

     

    インド映画は長いのでインターバル(小休憩)があるものが殆どで、

    日本でDVDでインド映画を見ているときは、

    「インターバルってどのくらいあるんだろう」

    「その間みんな何してるんだろう」

    と素朴な疑問を抱いていたので、その疑問を解決するというのも

    今回の観賞の目的でした!!!

     

     

    果たして、インターバルを本場の人たちはどうやって過ごしているのか・・・

     

     

     

    普通にトイレ行ったりおしゃべりしたり

    飲み物買ったりしてた

     

    休憩時間は10分ほどで、

    もー 日本のコンサートとかの休憩時間の過ごし方と全く一緒。

     

    インドに来てから日本人と違うところばっかり意識しちゃって勝手に興奮してたから

    「インド人はインターバル中も何かすごいことをするのかも!!!」

    って勝手に思っちゃってたけど

    対して私たち変わらないよね!ということを再確認 笑

    ますます愛が深まった(笑)

     

    でも休憩時間中に「あそこのあのシーンこうだったよね!」って話ができるのは

    思ってた以上に楽しかったので、日本の映画界もぜひぜひもっと取り入れていってほしい!

     

     

     

     

    そういえば冒頭の「Bom Diggy」という歌。

    なんか聞いたことあるなーと思ったら、

    3日前マトゥラーを車で巡った際、車内で流れていた曲!!!

     

    本当にいまインドでヒットしている熱い映画なんだなーと思うのと同時に

    そんな映画をタイミングよく観れたことに感動。

     

    YouTubeで聞けるのでぜひ!(オフィシャルなのか・・・?)

    https://www.youtube.com/watch?v=yIIGQB6EMAM

     

    なんというか、「アジア人が思い描く欧米のパリピ」「最高にエモいMV」

    って感じですごく親近感というか感情移入しやすいというか 笑

    曲だけでもかっこいいし映像観てももちろんかっこいいし、すごい好き!

    隣の若者グループも一緒に歌ってて最初から良い雰囲気♪

     

    (関係ないけど『PK』でもカーセックスのシーンは

    インド人男性と外国人女性だった気がするけど、

    やっぱり「外国人とならいっか!笑」みたいなノリがあるのか??)

     

     

     

     

     

     

    日本でインド映画のDVDを観ているときは、例えどんなに面白い作品でも、

    「やっぱりちょっと長いな〜笑」と思うけど今回は全くそう感じなかった!!

     

    「インド人って映画観ながら一緒に踊るらしいよ笑」とか

    「インドの映画館って痴漢とスリすごい出るらしいよ笑」とか聞いてたけど、

    みんな歓声あげたり野次飛ばしたりはするものの、それが全く邪魔じゃなくて、

    映画を楽しむための一つの要素って感じで、

    マナーと秩序がちゃんとある、素敵な娯楽の空間だと感じた!

     

     

    インド時期によっては本当に暑い(というか熱い)し、

    ぜひぜひ興味がある人は映画館で映画を堪能してみてほしい!!

     

     

     

    インドでインド映画を観る

    • 2018.03.21 Wednesday
    • 18:10

    JUGEMテーマ:映画

    JUGEMテーマ:インド

     

    前記事

    インドでインド映画を観る

     

     

     

     

    謎の諦めの悪さを胸に、私たちに与えられた唯一の情報

    「地下(underground)」を頼りにその辺りをウロウロしまくる・・・

     

     

     

    一度建物を出たら・・・

    遊園地の入り口にあるようなチケット売り場っぽいガラス越しのカウンターを発見

     

    あれか?あれなのか??!

     

    近づいてみると・・・ビンゴ!!!

    なんと建物の外のアイスクリームショップの近くでした!!

    ・・・いや地下じゃないじゃん!!!

     

    そんなツッコミはとりあえず置いておけるほど

    その時はやっと見つけられた!っていう喜びの方が大きかったという笑

     

    ここ、来るときに通ったはずなのに…と一瞬思ったけれど、

     

    薄暗い!

    薄汚れてる!

    ガラスが汚すぎて中が見えない!

     

    のスリーコンボ!笑  こりゃ見逃すわ(汗)

    でもそんなところも愛おしいよインド笑

     

     

     

    ガラスの向こうで影が動いたので、「あ、人いるわ」と安心。

    人の良さそうなお兄ちゃんが2人、小窓みたいなところを開けて顔を出してくれました。

     

    ガラスに貼ってある上映中作品のリストのようなものを指差しながらチケットを買います。

     

     

    姉     「この映画の1番安い席を2つ・・・260ルピーか(300ルピーを出す)」

    兄ちゃん  「(受け取りつつ)あー、200ルピーでいいよ」

    姉     「あれ、1人130ルピーって書いてあるけどいいの?」

    兄ちゃん  「1人100ルピーでいいよー」

     

     

     

    この時(2018年3月)は 1ルピーが1.6円

    なんと!映画が1160で観れるなんて!!!

     

    日本だったら2時間で2000円くらいはするもんなぁ・・・

    とりあえず「インドやべぇ!」と鑑賞前からテンションぶち上がり。

     

    どうして安くしてくれたのかは分からなかったけど、リキシャでも物を買う時でも

    観光客とあらば高めの値段を提示されるこの国で、

    何かを値下げしてもらえたのはすごいことだったのではないか。。

     

     

     

     

    チケットを握りしめ、建物へ戻るとなんとエレベーター発見。

    逆になんでさっきは見つからなかったのか(デジャブ)

     

    迷うことなく乗り込み、4階へ!

    このエレベーター、「階段ダッシュの方が早いんじゃない?」っていうくらいめっちゃ遅かった笑

     

     

     

    チケットを見せ、先程追い返された検査員さんに「よかったねー」という笑顔を向けてもらいながら、

    ゲートをくぐります。ほんとよかった。

    ゲートは空港の金属チェックのゲートを安っぽくした感じでした。

     

     

    そして、手荷物チェック。ここで姉の一眼は預かり棚へ

     

    ヘルメットがいくつも預けられていたので、インドの若者の移動手段は

    バイクかリキシャがメジャーなんだなぁと。

    インドの映画館ではカメラとヘルメットの持ち込みが禁止されているのは

    ネットで予習済みだったけど、同じように禁止だと書かれていた

    飲み物と携帯については何も言われなかった。

    場所によってセキュリティの厳しさが若干違う??

     

    ちなみに、一度預けたカメラが、盗まれたり返して貰えなかったり

    するんじゃないかとビクビクしていた私ですが、

    観終わった後にちゃーんと返して貰えました。

     

     

    姉 「向こうだって人間なんだから

       そんなに悪いことしないって(笑)

     

     

     

    そして上映時間は15分ほど過ぎていたけど、ようやくフロアへ入場!

    ここまで長かった!(泣)

     

    急いでシアター内に入ろうとしたけれど、

    どうやら「上映開始時間(ちょっと過ぎ)=シアター入場開始時間」のようで、

    ちょうどシアターの扉が開いたところ!

     

    このゆるい感じ。愛おしい・・・

     

    日本で映画を観る時はTOHOシネマズをよく利用するので、

    「上映開始時間の15分前にシアター入場開始」の感覚が染み付いていたのですが、

    インドではこういう感じなんだなぁとふむふむ。

     

     

    60ルピーのサムズアップ(インドのコーラ)を買って、

    いざシアターへ!!!

     

     

    http://img-cdn.jg.jugem.jp/1be/3888555/20181003_1522529.png

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    私(ニワトリ)が手に持っているのがサムズアップ!

    商品名通り、親指あげてるデザインがキュート。

    普通に味わえばコーラ・・・

    じっくりと味わうと、どことなくスパイシーなコーラ・・・

    そんな不思議な飲み物、サムズアップ・・・

     

    『地球の歩き方』の、もっとテンションあがる版(と私は認識している)『aruco』には

    「近くで、あるいは遠くで、インドの香りを感じます」って書いてあったけど

    まさにそれ。この文句考えた人天才。普通に美味しい。

     

    ペプシと変わりないけど、10ルピーくらいこっちの方が安いし、おすすめです!

     

     

     

    そしてようやく念願の映画観賞へ!!!

     

    >>インドでインド映画を観るへ続く

     

     

    インドでインド映画を観る

    • 2018.03.21 Wednesday
    • 00:00

    JUGEMテーマ:インド

    JUGEMテーマ:映画

     

    インドに行ったらやりたいことリストの一つ、

    それは、

    「インドでインド映画を観る!」

    ということで行ってまいりました

     

     

    「歩いて行けるね〜」と余裕を持って出たはずが、

    道に迷ってしまい、上映開始時間がどんどん迫る!

    仕方ない!ということでリキシャを捕まえて飛ばしてもらうも、

    道路が大混雑!(これはインドではいつものこと?)

    こういうところで計画性のなさがあらわに・・・

     

    私たちが急いでいるのを察して、運転手の干物みたいなおじいちゃんが

    汗をダラダラ垂らしながらオートリキシャを必死にこいでくれました

    ・・・ほんとありがとう、おじいちゃん

     

     

    訪れたのは、バラナシの IP cinemas vijaya

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    (写真はGoogleマップから引用)


     

    バラナシの中ではかなり近代的な建物に感じたけど、路上の食べ物と同じくインドの砂埃にまみれてました笑

    そんなところも愛おしいよインド笑

     

    なんだかんだで映画館に着くも、上映開始の5分前

     

     

     

    建物の外にいた警備員のお姉さんにシネマの場所を聞いたら、

    「4階だよ」と言われたので猛ダッシュで階段をのぼり、4階へ!

    息を切らしながら4階にたどり着くと、映画館エリア(?)に入るためのゲートのようなものが!

     

    息を整えながら検査ゲートへ・・・

     

     

    私  「映画観たいんですけど(息切れ)」

    検査員「チケットが無いと入れないよ」

    私  「え、そうなの・・・!」

     

     

     

    そして追い返される私たち。

    日本みたいに映画館のフロアでチケットを買えると思っていたのでこれは想定外。

     

     

    チケット売り場の場所を聞くと「地下だ」と言われたので、また大急ぎで階段を降ります

    この時点で中高文化部の私たちの膝が悲鳴をあげました

     

    頑張っておりるけど・・・

    1階は洋服屋さんだし、1階から下に降りる階段もないし・・・

    …地下ってどこ!!??

     

     

     

    観ようと思っていた映画の上映時間が刻々と迫っているということで焦っていた上に、

    階段往復ダッシュで体力を消費したため頭が働かない・・・

    しかしここで諦めるわけには!!!

    何としてもインドでインド人に囲まれながら

    インド映画を観るんだ!!!

     

     

     

    >>インドでインド映画を観るへ続く

    旅の仲間〜インド編〜

    • 2018.03.14 Wednesday
    • 09:00

    JUGEMテーマ:インド

     

     

     

     

    2018年3月15日から3月23日の約1週間ほど

    インドに行って来ました!

     

    その時の出来事を日記感覚で綴っていきたいと思います٩( ᐛ )و

    (随時更新)

     

     

    インドでインド映画を観る(3/21)

    インドでインド映画を観る

    インドでインド映画を観る

     

     

     

     

     

     

     

     

    <今回の旅に出てくる人>(随時更新)

     

     

     

     

    私(にわとり)



     

    大学生。

    受験科目としての英語はまあまあ得意だったけど、喋れる英語は中学1年レベル

    海外旅行どころか日本でさえ、電車やらバスやらよく間違える。

    デパ地下でよく迷う。 割とシスコン。

     

     

     

     

     

    姉(カエル)

     


     

    社会人。

    高校・大学と、偏差値めちゃ高い国際系の学科を生き抜いてきた高学歴国際人

    20歳の時、バックパック一つで単身オセアニア一周を果たす。コミュ力カンスト

    英語ペラペラで世界中に友達いる。

    何でも食べる図太さ。(ただしお腹は強くない)